株式会社エバース・ジャパン

会社沿革

1983年6月

ドイツのエバース製薬株式会社の便秘薬「エバシェリーン」の輸入および国内販売を目的に株式会社エバース・ジャパン設立。初代代表取締役社長に中村光彦就任。


1984年8月

「エバシェリーン」発売開始。


1985年11月

OTC市場への直販、テリトリー制による“エバース・エントリー・チェーンシステム(E・E・C)”スタート。


1986年11月

“飽食時代から排泄時代へ”をテーマに第1回EECサミットを全国5ヶ所で開催。


1993年9月

山中彬生が第2代代表取締役社長に就任。


1996年12月

活性型3菌製剤、「フェカルミンスリー顆粒」新発売。


1999年12月

新商品プラセンタ製剤、「源(みなもと)内服液」新発売。“ビタミン時代からアミノ酸時代”をテーマとする。


2000年12月

FAD(活性型ビタミンB2)・ヨクイニン主剤の「エバセチンゴールド」新発売。


2001年2月

第1回日本ドラッグストアショー出展。


2001年9月

美容と健康は体の中からを目指し、プラセンタ製剤「ユースP錠剤」新発売。


2003年5月

松永英嗣が第3代代表取締役社長に就任。


2005年7月

「エバース・ニュース」創刊号発行。


2007年8月

「エバシェリーン」の製造を薬王製薬株式会社で開始。


2008年11月

活性型4菌製剤の第3類医薬品の整腸薬「フェカルミンゴールド錠」新発売。


2013年6月

株式会社エバース・ジャパンが30周年を迎える。


2015年7月

萩野谷英一が第4代代表取締役社長に就任。


2018年1月

「エバシェリーンハーブ錠」新発売。